ローソファーで快適な暮らしを実現しよう!


ローソファーの選び方:素材やひじ掛けが必要かどうか

ローソファーは決して安くない買い物なので、なるべくなら失敗せず、長く使えるものを選びたいですよね。自分の家にあうローソファーを選ぶためにも選ぶポイントを押さえてみてくださいね。まずは、ローソファーの表面がどんな素材かということを見ていきましょう。耐久性がある本革、本革よりも安価な人工皮革、リビングに温かみを与えるファブリック素材など、ローソファーの表面の張り地はそれぞれの特徴があり、雰囲気も違います。また、ひじ掛けがついているものと、ついていないものがあります。好みのタイプのローソファーを選びましょう。

ローソファーの選び方:座り心地や高さをチェック

ローソファーを選ぶにあたって「座り心地が良いかどうか」というのも重要です。コイルスプリングやウェービングテープ、S字バネなど、衝撃吸収材によって座り心地も違いますので、実際にお店で座り心地を確認しましょう。また、座り心地は高さも関係します。ローソファーの高さは、10~30cm程度のものまであり、それぞれ違いがあります。足を取り外せるタイプのローソファーもありますので、高さもチェックしてみてください。

メリット・デメリットを考慮してローソファーを選ぼう

ローソファーのデメリットは、一般的な高さのソファーよりも座り心地が悪い、立ち上がるときにしんどいといった、使い心地の点にあります。

しかし、部屋の空間が広く見え、圧迫感がないというメリットもあります。座面の高さが低いのは、小さいお子さんいるご家庭にも安心です。メリットやデメリットを考慮しながらローソファーを選ぶと良いですね。

ローソファーは通常のソファーよりも背丈が低く、形状は座いすに似ています。ソファーの弾力性と座いすの持ち運びのし易さを兼ね備えた汎用性の高さが、あらゆる部屋に使用出来るメリットに繋がっています。


Share: